読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さむぶろ

RX-8 & YZF-R1のDIYカスタム・整備が趣味

レゾキャン

今回はレゾネーターのキャンセル作業を行います。

レゾネーターとは共振器のことでエンジンの吸気経路の中間に配置されていて、吸気時の騒音を軽減させる役割があります。

 

レゾネーターを撤去することによって、吸気抵抗を軽減するのが目的です。

レゾキャン用の専用パーツも売っていますが、正直ただの数千円するアルマイトキャップなので、適当なもので代用したいと思います。

 純正の状態。

f:id:smsn_krq:20170108160145j:image

バンドを緩めて、外します。 

f:id:smsn_krq:20170108160205j:image

中が空洞になっているプラスチックパーツ。

何か代用できるものがないか探したところ、パーツクリーナーのキャップがほぼ同じ大きさ!

f:id:smsn_krq:20170108160210j:image

これを取り付けます。

f:id:smsn_krq:20170108160215j:image 

ほぼぴったり!

差し替えるだけ、作業完了。

吸気音もさほど変わらず……体感できる効果は今のところなし。

構造的に吸気抵抗の軽減にはなっているはずなので、とりあえずこれで様子を見ていきたいと思います。

 

消臭スプレー

皆さんは消臭スプレーといえば、何を思い浮かべるだろうか。

ファブリーズ? リセッシュ?

 

私は基本的にリセッシュを愛用している。

www.kao.co.jp

「リセッシュ除菌EX Plus デオドラントパワー」という黒いパッケージのものを普段は使っている。

 

最近匂いの気になるものがあり、リセッシュを多めに吹きかけて放置したのだが、あまり消臭できなかったため、他に良いものがないか、色々と調べてみた。

 

ライオンから出ている「HYGIA」が消臭に効くらしい。

top.lion.co.jp

正直消臭スプレーはファブリーズとリセッシュが定番なので、かなり後出し商品である。

ドラッグストア等でも比較的安く売っているため、試しに購入して使ってみた。

 

結論から言って「HYGIA」の消臭力は優秀。

元の匂いも取れるし、スプレー自体の香りも残らない。

除菌・抗菌、ウィルス除去もできる良い商品だと思う。

これから消臭スプレーは「HYGIA」を使っていこうと思う。

何か良いものがあれば、今後もブログで紹介していこうと思います。

 

トップ ハイジア 消臭・芳香剤 除菌・消臭スプレー 本体 350ml

トップ ハイジア 消臭・芳香剤 除菌・消臭スプレー 本体 350ml

 

 

バスソルト

以前入浴剤の記事を書きましたが、再びバスソルトを紹介。

※オススメ入浴剤の記事↓↓↓

5vy-se3p.hatenablog.com

 

先日何気なく、手に取った商品。

天然塩と死海の塩を使用したバスソルト

www.soapmax.co.jp

購入したのはリラックスハーブの香り。

香りもあまりきつくなく、ほのかに香る程度なので、使いやすいです。

色はクナイプのグーデナハトに近いけれど、ちょっと薄い感じ。

クナイプと比べて、価格も安く、気軽に試せるのも良いですね。

身体も温まるので、今の季節にはピッタリな商品です。

ウェルカムランプ LED

RX-8のLED化、ウェルカムランプ編。

 

早速作業していきましょう。

サイドミラーを外す必要があるので、内側まで動かしておきます。

f:id:smsn_krq:20161228185429j:image

気合いでミラーを外しましょう。

力を入れすぎたら割れそうで怖いが、こういう作業は勢いが大事。

f:id:smsn_krq:20161228185714j:image

外れました。

中が汚いので、適当に拭いておきましょう。

右にある白いのがソケットなので、それを外しましょう。

f:id:smsn_krq:20161228190126j:image

T10の電球を外して、LEDに差し替えて点灯チェック。

f:id:smsn_krq:20161228190111j:image

 青い。

点灯チェックが終わったらソケットを戻して、ミラーも付けちゃいましょう。

ミラーを戻すのが、今回の作業で1番大変です。割らないように気をつけましょう。

f:id:smsn_krq:20161228190242j:image

取付後はこんな感じ。

暗くないからわかりにくいね。

今回はこれで終わり。

サイドミラー&フューエルリッド カーボン

8の外装系カスタム。

 

まずはサイドミラー。

f:id:smsn_krq:20170115194219j:image

写真では分かりづらいですが、細かい傷等があったので、サイドミラーをカーボンに変更。

f:id:smsn_krq:20170115194322j:image

良い。

 

お次はフューエルリッド。

給油口ですね。

f:id:smsn_krq:20170115194423j:image

こちらも写真では分かりづらいですが、かなり近くで見るとステッカーの焼け跡があり、ちょっと気になるので、カーボンに変更。

f:id:smsn_krq:20170115194528j:image

良い。

センターランプ&マップランプ LED

RX-8のLED化、センター&マップランプ編。

 

今回の作業もとっても簡単!

センターランプはカバーを精密ドライバーで外して電球を交換するだけ!

f:id:smsn_krq:20161228184519j:image

無駄に青いね!

 

マップランプはライトのユニットを外す必要があります。

f:id:smsn_krq:20161230175212j:image

サングラスホルダー内にボルトが2本あるので、外しましょう。

後はユニットの端から気合いで取り外します。

ユニットと配線が繋がっているので、勢いよく外さないように気をつけましょう。

 配線を外して、電球を交換後、ユニットを戻せば作業完了。

f:id:smsn_krq:20161228184554j:image

ライトブルー!

実際はもっと白いので、明るく見やすいです。

 

夜でも車内が明るくなりました。

純正は結構暗いので、LED化オススメです。

グミ

私はグミが好きだ。

お菓子の中でも1番グミが好きといっても過言ではない。

グミは硬ければ硬いほど良い。

硬いグミが好きなのは、子どもの頃からハリボーのグミを食べていたからかもしれない。

 

ハリボーの好きな銘柄は定番品であるハッピーコーラとゴールドベア。

どちらかといえばハッピーコーラの方を選んでしまう。

 

唯一残念なのが、ハリボーの一部製品が数年前からハンガリー製になってしまった。

基本的な成分は変わってないと思うのだが、ハンガリー製になってから少しグミが臭くなってしまった。

ドイツ製だった頃の方が香りも良く、美味しかった。

 

近年、国内メーカーのグミも種類が増え、様々なものが発売している。

定期的にグミは購入しているので、美味しいと思ったものは紹介していきたいと思う。

 

ハリボーのグミはなぜ硬いのか?

ハリボー社のグミは他社製品に比べて硬めに作られています。

その理由は、ヨーロッパの人々は昔からあまり硬いものを食べる習慣がなく、咀嚼力が弱かったため、ハリボー社の創業者 Hans Riegelはグミによってそれを補いたいと考えたためです。

あごの強化はもちろん、肥満防止に役立つ、脳によい刺激を与えるなど、近年になって「噛む」ことのさまざまな効果が医学的に認められつつあります。