smb

RX-8 & YZF-R1のDIYカスタム・整備が趣味

ダッシュマット

8の助手席側ダッシュボードが経年劣化で亀裂が入るのは有名な話。

紫外線+エアバッグインフレーターとのクリアランスが主な原因みたい。

 

私の8も購入時から亀裂があったので、どうにかしたいと思っていましたが、助手席ダッシュボードの価格が高額なのと新しいものに交換しても再発する可能性もある。

ダッシュマット購入すれば隠れるし、インテリアカスタムになると思い、RX-8用のダッシュマットを探すが全くない状態。

 

各メーカーの様々な車種の専用ダッシュマットをアメリカから輸入しているMOONEYESに問い合わせた結果。

・2004年〜08年の北米輸出仕様(左ハンドル用)のものしかない

・反転させて製作可能だが各部ズレなどが発生する可能性がある

・全く形状が合わなくても返品、交換不可

 

こんな感じの回答がきた。

多分全く使えないってことはないだろうし、大丈夫でしょ!

ってことで製作依頼。

 

www.mooneyes.co.jp

MOONEYESのダッシュマットの良いところはカラーが豊富、マットの材質も2パターンから選べるところ。

製作するのに納期は約1ヶ月と言われていたが、3週間程度で到着。

早速取付。

と思ったのだが、私の8はダッシュナビが付いているため、マットを加工する必要がある。

適当にナビ付近の縫い目を切断して、取付開始。

f:id:smsn_krq:20170212100746j:image

カラーはワイン、材質はベロア。

ズレ等も特になく、形状もぴったり。

ワンポイントでMOONEYESのロゴマークも入れてもらいました。

インテリアの雰囲気も大分変わって、運転がより楽しくなりますね。

エアクリーナー

RX-8のエアクリーナーボックス内の状態を知っておこうと思い、整備実行。

エアクリーナーボックスをバラすついでにエアクリーナーの交換とボックス内の隔壁外しを行います。

エアクリーナーボックスを開封するまでにエアフロセンサーの取り外しや蛇腹との戦い等がありましたが、今回は省略。

 

エアクリーナーボックスの状態。

f:id:smsn_krq:20170212103320j:image

エアクリーナー。

f:id:smsn_krq:20170212102049j:image

吹き返したオイルによって少し汚れていますが、そこまでひどい状態ではない。

ファンネル付近に付いている隔壁を外します。

f:id:smsn_krq:20170212102631j:image

隔壁を外すことによって、2000〜4000rpm辺りのトルクアップが見込めるらしい。

f:id:smsn_krq:20170212103034j:image

ネジ2本を外すだけなので、簡単ですね。

交換するエアクリーナーはTRUSTのエアインクスGT。

f:id:smsn_krq:20170212103406j:image

マフラーがTRUSTのコンフォートスポーツGTスラッシュマフラーを付けているので、吸気関係のパーツも同メーカーで揃えてみました。

f:id:smsn_krq:20170212103726j:image

これでエアクリーナーボックスを元に戻せば作業完了。

※以前レゾキャン用のキャップの取付を行いましたが、純正レゾネーターに戻しました。

 

今回の整備で低回転域でのトルクアップを体感できました。

各部品、整備・清掃を行うと気持ち良いですね。

アイライン

RX-8のアイライン取付。

 

特に購入予定はなかったのですが、ノリで買ったアイライン。

f:id:smsn_krq:20170211213705j:image

純正色で塗装していただきました。

ギャラクシーグレーマイカ(32S)です。

こちらが純正の状態。

f:id:smsn_krq:20170211213919j:image

⇩アイライン取付後。

f:id:smsn_krq:20170211213931j:image

顔つきが変わり、スタイリッシュな印象になりました。

今回はこれで終了。

フォグランプバルブ

先日8のフォグバルブを確認したところ、長期間交換してなさそうな雰囲気が……球切れになる前に交換しよう!

しかし、フォグランプバルブの交換は色々と外さなきゃいけないものが多いので、地味に面倒。

ってことで、今回はお店で交換してもらいます。

作業をお願いするお店はカー用品店のジェームス。

www.jms-car.com

交換するバルブはIPFのイエローバルブにしました。

f:id:smsn_krq:20170131160127j:image

 作業風景。

リフトアップできると下から交換できるので、そこまで大変な作業ではないみたい。

f:id:smsn_krq:20170131160629j:image

作業は15分程度終了。 

f:id:smsn_krq:20170203132220j:image

バルブのカラーがイエローになってます。

 

早速夜にカラーチェック。

交換前。

f:id:smsn_krq:20170203132106j:image

見事な純正色。

 

交換後。

f:id:smsn_krq:20170203132139j:image

綺麗なイエローになりました。

普段はあまりフォグランプを使用していませんが、いざという時に球切れだと悲しいので、定期的に交換するのが良いと思います。

ボルトカバー補修塗装

今回はリアドアのガラスに付いているボルトカバーの塗装を行います。

 

作業前の状態。

f:id:smsn_krq:20170115201001j:image

塗装が剥げて残念な状態になってます。

あまり目立たなくて良い箇所なので、マットブラックに塗装していきます。

f:id:smsn_krq:20170115201122j:image

綺麗になりました。

取り付けに使うネジもステンレスのものに交換。

M4×10です。

f:id:smsn_krq:20170115201245j:image

これで作業終了。

f:id:smsn_krq:20170115201150j:image

お疲れ様でした。

友栄

昔から行こうと思っていたお店。

神奈川県小田原市にある鰻の名店「友栄」に行ってきました。

うなぎ亭 友栄(小田原市)

お店の場所は小田原市ですが、箱根湯本の手前なので、観光客も多く訪れるそうです。

 

席の予約等はできないお店なのですが、事前に電話で鰻の取り置きはしてもらうことはできます。

私は来店する3日前に電話で取り置き連絡をしました。

 

開店は11時〜で11時15分頃に到着したのですが、お店に入れたのは12時45分頃……かなり混んでたようで存外待たされました。

開店から1時間弱で鰻が完売する人気っぷり。

f:id:smsn_krq:20170313204458j:image

 

2階の座敷に通され、待つこと10分弱。

注文した上うな重が!

f:id:smsn_krq:20170313204727j:image

「青鰻」をふっくらと焼き上げ、タレの味付けも程よく、鰻の素材の良さを活かしています。

肉厚なのに口の中でとろける鰻は今まで食べたものとは何もかも違う……圧倒的な旨さ。

価格は4,800(税別)と決して安くはありませんが、この価格でもまた食べたいと思える鰻でした。

店員さんの接客も丁寧で品のある立ち振る舞い。

またいつか来たいですね。

f:id:smsn_krq:20170313214710j:image 

インテリアモール

今回はインテリアモールを取り付けていきたいと思います。

 

モールの色はレッド。

最初はシフト周り。

f:id:smsn_krq:20170115200258j:image

次。

エアコン周り。

f:id:smsn_krq:20170115200305j:image

次。

マップランプ周り。 

f:id:smsn_krq:20170115200310j:image

終了。

細かいカスタムですが、インテリアのアクセントになりますね。