読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さむぶろ

RX-8 & YZF-R1のDIYカスタム・整備が趣味

ステアリング交換 作業編

RX-8のステアリング交換やっていきます。

※前回の準備編 ↓↓↓

5vy-se3p.hatenablog.com

純正ハンドル。

f:id:smsn_krq:20161227193528j:image

デザインも悪くないし、オーディオのコントロールボタンも付いてる……特に不満はないが、社外品に交換します。

 

まずはエアバッグを外す作業。

暴発を防ぐためにバッテリーのマイナスを外しておきましょう。

エアバッグは左右ボルトで止まっているので、それを外したら、真ん中の部分を引っ張って外します。

f:id:smsn_krq:20161227194020j:image

こんな感じ。

エアバッグユニットのカプラーを外して、中央にあるホーンの配線(白いやつ)も外しておきましょう。

その後、ステアリングを外すのですが、ここが1番大変な作業です……頑張って外しましょう。

f:id:smsn_krq:20161227194202j:image

外れました。

お次はステアリングボスの取付。

センターに合わせて取り付けて、ホーンコネクターを内側を通して、手前に持ってきます。

f:id:smsn_krq:20161227194518j:image

このままだとエアバッグ警告灯がついてしまうので、それをキャンセルする配線をエアバッグのカプラーに付けます。

f:id:smsn_krq:20161227194824j:image

外れると面倒なので、差し込んである根元はビニールテープ等で固定しましょう。

この配線は邪魔なので、ボスの周りに巻きつけて、テープで固定しましょう。

f:id:smsn_krq:20161227195035j:image

ボスカバーを付けます。

f:id:smsn_krq:20161227195124j:image

後はホーンと配線を繋げて、ステアリングを付けて、バッテリーを繋げば作業完了。

f:id:smsn_krq:20161227195216j:image

 

バッテリーを外したので、DSCのステアリング舵角センサー基準点設定を行いましょう。

1. エンジンをかける。

2. ステアリングがロックするまで右に切る。

3. ステアリングがロックするまで左に切る。

4. エンジンを切る。

5. 再度エンジンをかけて、警告灯の異常がないかチェックする。

 

あとECUの再学習とパワーウィンドー全開/全閉機能復帰、時計の時刻合わせも併せて行いましょう。

 

運転席のエアバッグはなくなりましたが、かなりスポーティーな印象になりました。

唯一の欠点はディープコーンなので、ウィンカー・ワイパーレバーに指が届かない……。

これは慣れれば問題ないね。

ステアリング交換終了。