smb

RX-8 & YZF-R1のDIYカスタム・整備が趣味

エアクリーナー

RX-8のエアクリーナーボックス内の状態を知っておこうと思い、整備実行。

エアクリーナーボックスをバラすついでにエアクリーナーの交換とボックス内の隔壁外しを行います。

エアクリーナーボックスを開封するまでにエアフロセンサーの取り外しや蛇腹との戦い等がありましたが、今回は省略。

 

エアクリーナーボックスの状態。

f:id:smsn_krq:20170212103320j:image

エアクリーナー。

f:id:smsn_krq:20170212102049j:image

吹き返したオイルによって少し汚れていますが、そこまでひどい状態ではない。

ファンネル付近に付いている隔壁を外します。

f:id:smsn_krq:20170212102631j:image

隔壁を外すことによって、2000〜4000rpm辺りのトルクアップが見込めるらしい。

f:id:smsn_krq:20170212103034j:image

ネジ2本を外すだけなので、簡単ですね。

交換するエアクリーナーはTRUSTのエアインクスGT。

f:id:smsn_krq:20170212103406j:image

マフラーがTRUSTのコンフォートスポーツGTスラッシュマフラーを付けているので、吸気関係のパーツも同メーカーで揃えてみました。

f:id:smsn_krq:20170212103726j:image

これでエアクリーナーボックスを元に戻せば作業完了。

※以前レゾキャン用のキャップの取付を行いましたが、純正レゾネーターに戻しました。

 

今回の整備で低回転域でのトルクアップを体感できました。

各部品、整備・清掃を行うと気持ち良いですね。