さむぶろ

RX-8 & YZF-R1のDIYカスタム・整備が趣味

Rmagic デルリンシフトノブ

前回に引き続きR魔ネタ。

※前回のシフトカラー交換 ↓↓↓

5vy-se3p.hatenablog.com

 

8の純正シフトノブはロータリーエンジンの形をしていて、見た感じはとても良い。

だが形状的に使用感は微妙……。

あと重量も300g以上あるので、重めです。

今回選んだパーツはR magic デルリンシフトノブ。

f:id:smsn_krq:20170211223519j:image

・軽い方がシフトレバーが揺れない

・無理なシフトチェンジをしてしまった時に、軽い方がミッションにダメージを与えにくい

・デルリン製なので、夏場にシフトノブが熱くならない

 

重量も約93gなので、純正の1/3以下!

色々なメリットがあるため、デルリンシフトノブに決めました。

まずは純正との簡単な比較画像。

f:id:smsn_krq:20170211224121j:image

パッと見の質感は純正の方が良いですね。

デルリンシフトノブの方がスポーティーな感じ。

早速取付。

f:id:smsn_krq:20170211224053j:image

形状もガングリップタイプなので、握りやすく、触り心地も存外良いです。

シフトノブが軽量になったため、シフトフィールの「カッチリ」感が増した気がします。

シフトノブは運転時に必ず操作するパーツなので、自分に合ったものを使用したいですね。